断熱材 吹付ウレタンフォーム

今回のお題は、「断熱材 吹付ウレタンフォーム」についてです。

発泡ウレタンの熱伝導率は製品によって異なりますが、グラスファイバーやロックウールなどに比べると低いだけではなく、接着性が高くて隙間がないため、薄くても高い断熱性を発揮します。

発泡ウレタンは耐水性に優れているのも大きな特徴です。水分を通しにくいので湿度が上がりにくく、結露を起こしにくいのもメリットです。

お問い合わせ

家づくりに関するお問い合わせ、
設計や資金計画についてのご相談は、
何でもお気軽にお寄せください。

軟質ウレタンと硬質ウレタン

現場吹付ウレタンフォームには2種類あって、原材料のポリウレタンを100倍発泡した軟質ウレタンフォームと、30倍発泡した硬質ウレタンフォームがあります。

おすすめするのは硬質ウレタンフォームです。

なぜかというと、断熱性能気密性能透湿性木材への接着強度が全然違うからです。

軟質ウレタンフォームと硬質ウレタンフォームは、同じように見えて全く別なものであると考えていただければと思います。

100倍発泡の軟質ウレタンフォームの問題点

実際のところ、軟質ウレタンフォームの方が値段は安いです。

ただし、地震で家が揺れたり、木材の収縮が起きた場合、接着強度が非常に重要になるんですが、軟質ウレタンフォームは接着能力が弱くて、隙間が出来やすかったりして、隙間風や結露の原因になったりするわけです。

柱と断熱材の間に隙間ができれば、そこから風が入ってしまうわけですから、カビの発生木材が腐る原因になる可能性があります。

壁の中というのは、家を建てたあとで治すということがありません。

ですので、最初の段階でいいものを使わないと、どんなに表面をきれいにしても、あとあと問題が起こることになります。

そうならないためにも、最初の段階でこの断熱材は、徹底して性能のいいものを使っていただければと思います。

軟質ウレタンフォーム施工の問題点

また、軟質ウレタンフォームですが、現場吹付をする際に、透湿防水シートに直接当たるように吹付ている業者さんが見られます。

軟質ウレタンフォームは性能値があまり良くないので、厚さ10㎝以上は必要になります。

それが透湿防水シートに当たって、外壁との通気層のところまで膨れ上がってしまって、外壁との間の通気層に風が流れなくなってしまいます。

そうするとどうなるかというと、壁の中で結露が発生する原因になります。

軟質ウレタンフォームを使用する場合は、施工のチェックが必要になるかと思います。

現実に、このような状態になり、クレームが発生するという問題が起きたようです。

日本透湿防水シート協会から発表されている資料がありますので、報告させて頂きました。