24時間換気 第三種換気

今回のお題は、「24時間換気 第三種換気」についてです。

今の家は高断熱住宅ですので、24時間換気は必須です。

主に住宅では第一種換気と第三種換気が使われていますが、一長一短がありますので、きちんと理解していただきたいと思います。

2003年にシックハウス法という法律ができました。

これによって、ホルムアルデヒド等に関する建材の規制と24時間換気が義務化されました。

24時間換気がなぜ義務化されたのかというと、新建材や集成材から出るホルムアルデヒドが室内に蔓延すると、住む人の健康に害があるから、それを室外に出さなくてはいけないということです。

また、換気と結露の問題があります。

昔の家は隙間だらけだったので、考えなくてもよかったんですが、今の家は気密がしっかりととれているために、結露が起きやすくなっています。

そのために、風で空気を動かして結露対策をしましょうということです。

室内のカビやダニの死骸・糞などのハウスダストを抑制したり、黄砂やPM2.5などの汚染された外気を室内に入りにくくするということもあります。

お問い合わせ

家づくりに関するお問い合わせ、
設計や資金計画についてのご相談は、
何でもお気軽にお寄せください。

第三種換気システムとは

今回の第三種換気というのは、給気は自然給気にして、排気をファンを使った機械で行うというものです。

第三種換気システムのメリット

この第三種換気の利点としては、排気のみに換気扇を使用して室内の圧力を外気より低く(負圧に)するため、室内の湿気が壁内に入る恐れが少ないので、外壁側の壁内で内部結露が起きにくいというところがあります。

更に言うと、コストが安いというところも利点になります。

第三種換気システムのデメリット

ただし、黄砂やPM2.5などの大気汚染対策にはあまり適していませんので、この対策を重視するのであれば、第一種換気を考えた方がいいと思います。

自然給気だと、給気口から冬は寒気、夏は熱気が入ってきて室内に温度差ができたり、冷暖房の負荷が増えたりするのがデメリットです。

また、建物の気密性能を高くする必要があります。

しっかりと気密がとれた建物では、第3種換気システムによる換気は計算通りに行われますが、気密がとれていない、つまり隙間の多い家では、換気計算通りに室内の空気の交換は行われないからです。

こういうことも理解して選択して頂きたいと思います。

一般的には、コストが安いという理由で、この第三種換気がよく使われていますが、排気口の電源を切ってしまうと、結露対策にならないので、使い方をしっかりと理解しておかないと、後で結露問題が起きますので、気を付けてください。