木材の経年強度

今回のお題は、「木材の経年強度」についてです。

築40年の家なので、木が古くなったから壊して新築するというような話がありますが、木材というのは築100年以上たってもそのままの材料が使えます。

お問い合わせ

家づくりに関するお問い合わせ、
設計や資金計画についてのご相談は、
何でもお気軽にお寄せください。

ヒノキの強度の経年変化

写真は、小原二郎教授の「ヒノキの強度の経年変化」についてのグラフです。

家を建てるときは、380㎏/㎠の強度の材料で建てます。

木というものは、中の水分が抜けて乾いてくると強度が上がります。

これが、200年かけて強度が上がると言われています。

200年かけて強度が上がってくると、500㎏/㎠の強度までいきます。

そこから1000年かけてゆっくりと強度が下がっていきます。

ということは、1200年かけて、建てた時と同じ強度になるということです。

法隆寺の五重の塔がなぜいままで崩壊せずに持ちこたえられたのかという理由のひとつです。

通常の素材は出来たときが一番強度があり、あとは弱くなる一方 です。

木材の場合は神秘としかいいようがありません。

ですので、古い柱などは表面の色が悪くなって黒くなったりして、見た目が悪くなったりしますが、木の本来の強度はそう簡単に下がるものではないということがお分かりいただけたと思います。

新しい木が良いわけではなくて、古い方が良い場合もあるということですね。

今の家の材木がそのまま使えるようであれば、使った方がかえって頑丈な家になるということになりますので、覚えておいてください。