2000年耐震基準の家の構造

今回のお題は、「2000年耐震基準の家の構造」についてです。

耐震基準の年代によって、家づくりがどんどん変わってくるんですが、一番新しい耐震基準がこの2000年耐震基準です。

2000年耐震基準の家の構造

「新耐震基準」は昭和53年の宮城県沖地震を検証してできたものでした。

しかし、平成7年の阪神・淡路大震災の被害を検証してみると、この新耐震基準でもまだいくつか問題があることがわかってきました。

具体的には耐震壁のバランスとか,地耐力に応じた基礎構造かどうかの検討がされていないことや結合部の構造など、いくつかの課題が指摘されて2000年耐震基準がつくられ、現在まで続いています。

この2000年耐震基準でどのように変わったかをお話しします。

お問い合わせ

家づくりに関するお問い合わせ、
設計や資金計画についてのご相談は、
何でもお気軽にお寄せください。

2000年耐震基準の規定

まず基礎については、地耐力に応じた基礎構造にするということが決められました。コンクリート基礎には当然鉄筋を入れるのですが、この鉄筋に関してもいろいろな規制ができました。

2000年耐震基準の基礎構造

 

また、壁の量については、今までの基準よりも厳しくなりました。

地震にしっかりと耐えるような壁をたくさんつくるということになりました。

2000年耐震基準の必要壁量

筋交も、筋交いプレートをつけることは前の耐震基準から決められていましたが、筋交いのサイズによって、留める金物が指定されるようになりました。

大きく変わったのが、壁の配置のバランスではないでしょうか。

2000年耐震基準の壁の配置バランス

今までは、釣り合いよくという曖昧な表現でしたが、建物を4分割して、左右の間でのバランスに決まりごとができました。

接合部のホールダウン金物は、前の新耐震基準でもありましたが、その時は通し柱につけるとうことでしたが、通し柱以外にも強い壁には強い金物を使用するということになりました。

頑丈につくった壁は引っ張る力つまり反力が大きく生じますから、それに合った強い金物が必要になるということです。

2000年耐震基準によって①地盤調査の規定が充実され ②地耐力に応じた基礎構造とすること ③耐震壁の配置バランスを考慮すること ④筋かい金物使用や柱頭柱脚接合金物使用の規定などが示されました。

耐震補強の助成基準では「新耐震基準」以前の住宅が対象となっていますが、新耐震基準からすでに40年経過していますので、耐震化については新耐震基準以降の建物も含めた見直しが必要になると思います。