リノベーションにかかわる「税金」と「登記」について

今回のお題は、「税金と登記」についてです。

住宅建築の契約をしたけれども、登記の確認不足で工事にかかれないことが稀にあります。

図面や見積も大事ですが、登記の確認はもっと大事です。

例えば、登記がなかったこともありますし、名義が亡くなったひいおじいさんだったなんてこともあります。

そうすると、工事をするときにやっかいなことになりますので、しっかりと確認しましょう。

実際に例を挙げてみると、お父さんお母さんの家に、息子夫婦が住宅ローンを使って戸建リノベーションをする場合です。

図のように、建物所有者は同一人物?では「No」です。次に、「借り入れは?」は「Yes」です。

「建物登記は?」は、あることにして「Yes」に進みます。

「床面積の変更は?」は、床面積を変えずに中身をいじる戸建リノベーションだとすると「No」になり、表の下から2段目が当てはまります。

そうすると、「固定資産税」は当然払う必要があります。

「不動産取得税」は、基本的にはないんですけれども、地域によって変わる場合がありますので、にしておきました。増築がなければ、たいがいは「不動産取得税」は関わってこないと思いますが、地域で確認して頂ければと思います。

また、「抵当権設定登記」が必要になったり、建物所有者の「持分登記」も行わなければいけません。

家を建てる場合や戸建リノベーションをする場合は、この「登記」を確認しましょう。

また、その確認に時間がかかる場合もあります。プランや見積など工事の準備が進み、住宅ローンの段取りをしている時に、登記の問題で、ちょっと待ってくださいということになったりします。

ですので、この「税金」と「登記」に関して、しっかりと確認してから、家づくりを進めましょう。