戸建リノベーションの短所とは

今回のお題は「戸建リノベーションの短所とは?」ということです。

お問い合わせ

家づくりに関するお問い合わせ、
設計や資金計画についてのご相談は、
何でもお気軽にお寄せください。

大規模な戸建リノベーションができる業者が限られる

結論から言いますと、この戸建リノベーションが出来る業者が限られてくるということです。施工業者が非常に限られてきます。

例えば、住宅メーカーですとかローコスト住宅会社であれば、ほとんど新築をメインにしている会社になるわけです。そのために、そういう会社に話を持っていってもたいがい建替え工事をすすめられるということになります。

かといって、工務店など技術に特化した会社ですと、戸建リノベーションの見積りがしっかりと作れないなんていうことも結構あったりします。

戸建リノベーションの内容を理解して、実際工事をやったことがあるような、そういう会社に限られてくることになります。

築年数によって施工内容が変わる

戸建リノベーションは築年数によって工事が変わってきます。

例えば、一番心配になってくるのが床下、基礎の補強工事ですね。これは築年数が何年かによって、どういう基礎になっているかが違っていて、その状態によって工事の内容が変わります。

坪単価では表しにくい

また、坪単価ではなかなか表せないですね。新築みたいに坪いくらなんて話にはならずに、やる工事によってどれくらい掛かるかが違います。ですので、予算から先行しない方がいいですね。

まずは、何をどんな風にしたいかということから、それなら今の家はこんななおし方ができて、それなら大体これぐらいかかるんじゃないか。それでは予算オーバーになるから、ここの部分をいじるのをやめようか、という風にちゃんと理屈だてて家づくりを進めていかないと難しいのかなと思います。

あと解体後に追加工事を請求してくるような業者さんがいます。

この戸建リノベーション、リフォームもそうですけど、業者選びときちんとした見積りがポイントになってきます。

そういうところもしっかりと確認することが必要になってきます。

工期がかかる

また、戸建リノベーションは工期が長くかかります。

解体して、一度検査をしてから家づくりにはいっていくわけですから、この期間というものも考えていきましょう。

構造上、戸建リノベーションができない場合がある

構造上、戸建リノベーションがむずかしいものもあります。

型式認定の家の増築工事、2階の増築、柱がない工法や鉄筋コンクリート造の壁の移動などですね。壁を壊すと2階が落ちちゃうわけですから。

今の家の地盤改良をしたいなんて場合もそうですね。

できなくもない工事もあります。できなくもないんですけど費用がかかり過ぎるというこもあります。見積もりをとったら、こんな金額!なんてことはよくあることですから、そうならないようにして頂きたいと思います。

こういうこともしっかりと理解して、工事をすすめて頂きたいと思います。

今回のお題は「戸建リノベーションの短所とは?」という内容でした。