安い新築より「戸建リノベーション」をおすすめする理由

子育て世代や終の棲家を考えるとき、多くの人は新築で検討されると思います。
しかし昨今木材の高騰などもあり住宅価格は高騰。ローコスト住宅以外は選択できないという状況になりつつあります。

そんな方に対して、自然派ライフでは戸建リノベーション(全面リフォーム)をおすすめしています。

お問い合わせ

家づくりに関するお問い合わせ、
設計や資金計画についてのご相談は、
何でもお気軽にお寄せください。

リノベーションとは?

まずは「リノベーション」というものについて解説していきます。

戸建てリノベーションと通常のリフォームの違い

結論から言いますと、戸建リノベーションとリフォームという言葉は同じように使われていますが、根本的なものが違います。

リフォームは、現状復旧修復工事になります。
元々あったものを元に戻すというのがこのリフォームということになります。

戸建リノベーションは、建て替えではなくて、今の家を大規模に工事を行うことで、住宅性能や機能性、快適さといったものをより向上させるための工事になります。

また、近頃はアトピーや喘息などの健康対策も考えた戸建リノベーションというものが流行っています。

戸建てリノベーションの流れ

戸建リノベーションの内容をおおまかに説明すると、既にある物件を骨組みだけの状態にして、元々あった材料を再利用する。というような内容になってきます。

同義語としては、大規模改修工事、ストック住宅、スケルトンリフォーム、全面リフォームなどという言葉がよく使われています。

解体の際は、写真でみるとこのような状態にします。

元々あった壁や床をすべて剥がし、骨組みだけの状態にします。
構造体を使い回すことで新築よりも物件にかかる費用は抑えられ、性能やサッシなどの住み心地に関するところに費用を充てられる、というのが戸建リノベーションということになります。

リノベーション完了

なぜ新築より戸建てリノベーションがおすすめなのか

たいていの場合、新築よりもリノベーションの方が費用を安く抑えられます。
前述の通り、既にある構造体や木材を使うためですね。

特に近年は木材の高騰もあり、差は広がっている状況です。

新築の中にはローコストメーカーが手掛ける格安物件もあるため、それらと比べた場合はリノベーションの方が高い場合もあります。

しかし安いことにはもちろん理由があり、耐震性・断熱性などの住宅性能、のちのメンテナンス性などが犠牲になっています。

今後数十年は住むであろう住宅ですから、単純な値段だけでなく、快適に暮らせるバランスを重視して検討されることをおすすめします。

依頼する業者選びは慎重に

空き家問題、SDGsといった潮流もあって、リノベーションの人気は徐々に高まってきています。

新たにリノベーションブランドを立ち上げる工務店も増えてきましたが、新築とリノベーションでは異なる経験・技術が必要になります。

相談・依頼先選びは慎重になさってください。